オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アスベストに対する変遷

瓦礫

アスベストは、近年注目されるようになった物質で、発がん性の恐れがあるために利用されていたところでは除去などの対策がとられるようになってきました。
これまでは、住宅を建築するときにコンクリートに吹き付けるものとして石綿などが利用されてきました。
しかし、最近になって石綿を吸い込んだことによって肺がんなど思い病気を発症する人が増えてきたことにより、アスベストが注目されるようになりました。
そこで、古い建築のマンションなどでは、石綿などが利用されていたときには、これを除去する対策工事が行われるようになってきました。
また、大型の構造物でも同様のことが行われています。
一方で、新しく建設されるようなマンションでは、アスベストを含んでいる可能性のある物質は建設のときに除去して利用しています。
 しかし、これまで建築の歴史上便利であるということから多くの構造物でアスベストを含む石綿が使われているため、対策が急がれています。

アスベスト対策について

一昔前に建てられた建築物には鉄筋コンクリート製の建物が多くなっています。
しかし、それには様々な問題があるとされています。
その問題の一つとして挙げることが出来るアスベストと言う有毒物質がコンクリートに含まれていると言う問題です。
それは、人体に有毒なものであるために、吸い込むと咽頭がんなどを引き起こすことで知られています。
その様なものが一昔前に建てられたマンションなどではまだ多くあると言われています。
その様な時の対策の一つとして、はアスベスト除去専門の業者などに依頼をして除去をしてもらうことが有効であるとされています。
また、対策を個人単位で取ることも出来る様になっており、マンションの管理人などに依頼をして早期にアスベストが存在するのか否かと言うことを検査することも良いとされています。
この様に近年では比較的簡単に対策を取ることが出来る様になっています。
特にマンションは入居者以外にも様々な人が利用する場所となっているために、その様なアスベストが発見または検出された際には早期の対策が必要とされており、近年ではマンションやビルなどの公共の場では特に発見または検出された時には早期に除去を行うことが管理者や地方自治体などに対して義務付けられています。
そのために、アスベストが含まれるマンションやビルなどの数は年々減少している傾向にあり、対策も多くの人々が簡単になおかつ気軽に行うことが出来る様になっています。